代表あいさつ

株式会社 宙(おおぞら)出版
代表取締役
北 脇 信 夫

代表あいさつ 北脇 信夫

〈一日の終わりに「今日も一日幸せだった」と思える方を一人でも多くしたい〉。
当社の社業について、最近そう考えます。
幸せは創れます。ぜひ「創り上手」になっていただきたいと思います。

私たちの「歩み」
出版とは「新しい価値の創造」「未知なるものへの解の発見」だと信じてきました。
社業は「女性向けコミック誌」を中心にスタートしました。
私たちが開発した「テーマ型女性向けコミック誌」は、業界の先駆けとなると共に、質量ともにNo1の商品群に育ちました。私たちが開発した「ロマンスコミック」も、最初の一冊から数えて1600点を超え一大ジャンルに育ちましたし、ドキュメントとの融合を目指して開発された「コミック版プロジェクトX」も各界の話題になりました。
そうです、私たちは「先駆的なジャンル開発」が大好きです。

これからの私たちが「目指そう」とするもの
〈知的好奇心〉と〈情報〉、〈それをまんがにする技術〉を企業原資としてきました。
この原資をさらに充実させ、「業態そのものを進化させたい」と考えています。
もち前の「知的好奇心」と「新しいジャンルを開発する喜び」を活かし、
【女性の人生と生活を応援する出版社】、
言ってみれば《「お得」と「幸せ」の製造業》になっていこうと考えています。

社名の由来
ちょっと変わった読みの社名の由来をお話します。
「宇宙」という言葉があります。地球を含む「無限に広がる空間」のことです。
この空間に「宇宙」という言葉を与えたのは古代の中国人です。「宇」が広さの無限、「宙」が時間の無限を現わすところから、この空間は「宇宙」と名付けられました。
私たちは「時を越えて価値のある出版を行い」「時を越えて社業が成長するように」、当社を《 宙(おおぞら)出版 》 と名付けました。
末永く意義ある存在でいたい、末永く愛されていたいという気持ちの現われです。
今日のこの出会いが良き出会いとなり、温かいご縁が生まれれば幸いです。

2015年1月吉日
代表取締役社長 北脇信夫